2024.3/1更新
〒507-0014岐阜県多治見市虎渓山町4-13-1 (とうしん学びの丘"エール"内) Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 土・日・月曜日定休  





2024
2/27
「器」 ※9人の協会所属作家による「器」展
■会期=2024年3月4日(月)〜3月29日(金)
■休廊日=土・日・祝日、昼休=13:00-14:00
■会場=ギャラリー碗[one]
※くわしくは下記イベント情報、またはこちら

2024
2/8
「美濃陶芸協会 小品展」 美濃陶芸協会ギャラリー
■作品展示=2024年3月7日(木)〜28日(木)
■抽選券=3月7日(木)より展示期間中随時発行
■抽選=3月31日(日) ※代金お支払後、来場順に抽選
■特別価格=1点一律¥12,000 ※お一人様2点まで
※くわしくは下記イベント情報、またはこちら
2023
10/10
創立60周年記念式典を挙行
■日時=2023年10月10日 (火) 16:30〜
■会場=多治見市産業文化センター 大ホール
※くわしくはこちら




毎年好評をいただいている「美濃陶芸協会 小品展」は、美濃陶芸協会会員が制作した作品を、1点一律12,000円の特別価格でご購入いただける催しです。
ただし、どの作家の作品が手に入るかは、お客様自身の抽選で決まります。
下記の要領で開催いたしますので、この機会にぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。
会場 美濃陶芸協会ギャラリー
※作品展示・抽選券発行・抽選、いずれも当ギャラリーで行います。
作品展示 2024年3月7日(木)〜28日(木) 10:00〜16:00 〈月曜休廊〉
抽選券 3月7日(木)より展示期間中随時発行。〈お一人様2点まで〉
※作品数分だけ発行しますので、お早めに。
特別価格 1点一律¥12,000 〈抽選日当日にお支払い〉
抽選日 2024年3月31日(日) 10:00〜15:00 〈抽選はご来場順〉
※抽選後、作品はお持ち帰りいただけます。
注意事項 ■作品数には限りがありますので、抽選券入手はお早めに。
■抽選日は、代金お支払いの上ご来場順に抽選となります。
■お一人様2点までとさせて頂きます。
■多治見市役所本庁舎駐車場をご利用ください。(徒歩5分)
 ※多治見市日ノ出町2-15
お問い合わせ 美濃陶芸協会ギャラリー TEL.0572-25-5551
地図  
詳細 くわしくはこちら





企画展の無い時は休廊しています
展覧会名  「 器 」
会期 2024年3月4日(月)〜3月29日(金) 10:30〜17:00
※昼休=13:00〜14:00、 最終日=16:00まで
休廊日 土曜日・日曜日・祝日
会場 東海テレビ×美濃陶芸協会 ギャラリー碗[one]
地図  
詳細 くわしくはこちら



 
詳細がわかり次第リンクします 
 高田焼祭 2024年4月初旬頃
 たじみ陶器まつり 2024年4月中旬頃
 市之倉陶祖祭 2024年4月中旬頃
 土岐市美濃焼まつり〜水辺の陶器マルシェ 2024年4月下旬頃 
 土岐美濃焼まつり 2024年5月初旬頃
 春の美濃焼伝統工芸品まつり 2024年5月初旬頃
 だち窯やまつり 2024年5月初旬頃

■直営ギャラリーのご案内
公募展の仕組み変更
智子賞を新設
公益社団法人への移行

'24美濃桃山陶「青山茶会」 New
'2360周年記念美濃陶芸展 New
'23クラウドファンディ… New
'23七色土玉作陶体験 New
'23創立60周年記念式典
New
'23故加藤孝造氏追悼式

'23特別顕彰
'23年度卓男賞、智子賞

'22年度卓男賞、智子賞
'22第25回美濃茶盌展
'21第45回美濃陶芸展
'21年度卓男賞、智子賞
'20年度卓男賞、智子賞
'20第24回美濃茶盌展
'19第9回美濃大茶会
'19年度卓男賞、智子賞
'19第44回美濃陶芸展
'18第8回美濃大茶会

'18第23回美濃茶盌展
'17第7回美濃大茶会
'17第43回美濃陶芸展
'17年度卓男賞、智子賞

'16第6回美濃大茶会

'16第22回美濃茶盌展
'16年度卓男賞、智子賞

’15第5回美濃大茶会
’15第42回美濃陶芸展

'15年卓男賞、智子賞
'15第21回庄六賞茶盌展
'14第4回美濃大茶会
'14第41回美濃陶芸展

'14卓男賞・桔梗賞

'14第20回庄六賞茶盌展
'13第3回美濃大茶会
'13第40回美濃陶芸展
'13卓男賞・桔梗賞
'13美濃陶芸のプロローグ
'13パネルディ…「文化の伝承」

'13協会設立50周年記念式典
'13協会設立50周年にあたって
'12第19回庄六賞茶盌展
'12第2回美濃大茶会

'12第39回美濃陶芸展
'12第18回庄六賞茶陶展

'11東日本大震災チャ…陶芸展
'10加藤孝造名誉顧問、人間国…
'09JR多治見駅陶壁完成

「花信風(かしんふう)」と言う言葉があります。初春から初夏にかけて吹く風のことで、風に乗って来た花の香りで、その開花と季節の到来を知る、そんな風のことです。なかなか洒落た名ですが、中国・六朝時代(りくちょうじだい、6世紀)の歳時記「荊楚歳時記(けいそさいじき)」が初見です。その花信風に乗ってやって来る春の花「ジンチョウゲ(沈丁花)」は、上品な甘い香りが特徴的です。別名で「千里香」と呼ばれるほど香りが遠方まで届くのも特徴のひとつです。開花時期は2月下旬~4月中旬ごろで、この香りが春の訪れを告げてくれます。ジンチョウゲの名は、その香りが香木の「沈香(じんこう)」に似ていることと、花の形が植物の「丁子(ちょうじ)」に似ていることの2つが合成されて「沈丁花」と日本で命名されました。中国では「瑞香(ずいこう)」と言います。原産地は中国南部で、日本には室町時代に渡って来ました。元々薬用として日本に渡来したと考えられていて、花を乾燥させて煎じ、歯痛や口内炎、のどの痛みなどに用いたそうです。古来日本人は、「花暦(はなごよみ)」と言う「花の開花カレンダー」で、田畑の準備や種まきなど農作業の目安を知ることが出来ました。それらは「花信風」がそっと告げてくれていたのですね。(2024.3/1)



URLを送信する
または検索をクリック

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
   

お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email