2024.7/15更新
〒507-0014岐阜県多治見市虎渓山町4-13-1 (とうしん学びの丘"エール"内) Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 土・日・月曜日定休  

  「第26回美濃茶盌展」 入賞作品画像はこちら
展覧会のご案内
多治見展 / セラミックパーク美濃 = 2024年11月8日(金)〜11月17日(日)
名古屋展 / JR名古屋タカシマヤ = 2024年12月25日(水)〜12月31日(火)
「国際陶磁器フェスティバル美濃'24」協力事業として開催、くわしくはこちら





2024
6/28
「若尾 圭介 作陶展」 多治見展
■会期=2024年7月12日(金)〜7月31日(水)
■会場=美濃陶芸協会ギャラリー ※会期中無休
※くわしくは下記イベント情報、またはこちら


2023
6/23

「花の器と手のひらサイズの焼き物たち」 名古屋展
■日時=2024年7月26日(金)〜8月4日(日)
■会場=ギャラリー碗[one]
 ※会期中無休
※くわしくは下記イベント情報、またはこちら

2024
5/7
「卓男賞」に加藤三英 (かとうみつひで)
■2024年度卓男賞に、加藤三英氏(土岐市)を選定
くわしくはこちら





展覧会名 「若尾 圭介 作陶展」多治見展
会期 2024年7月12日(金)〜7月31日(火) 10:00〜16:00
※会期中無休、最終日=15:00まで
会場 美濃陶芸協会ギャラリー
詳細 くわしくはこちら



展覧会名 「花の器と手のひらサイズの焼き物たち」名古屋展
会期 2024年7月26日(金)〜8月4日(日) 10:30〜17:00 
※昼休=13:00〜14:00、最終日=16:00まで
休廊日 会期中無休
会場 東海テレビ×美濃陶芸協会 ギャラリー碗[one]
詳細 くわしくはこちら




詳細 くわしくはこちら



(詳細がわかり次第リンクします)
 駄知どんぶりまつり  2024年10月初旬頃
 美濃焼祭 2024年10月中旬頃
 たじみ茶碗まつり 2024年10月中旬頃
 陶の里フェスティバル in 市之倉 2024年10月中旬頃
 下石どえらぁええ陶器祭り 2024年11月初旬頃

■直営ギャラリーのご案内
公募展の仕組み変更
智子賞を新設
公益社団法人への移行

'24岐阜茶会 NEW
'24美濃陶芸協会小品展
NEW
'24美濃桃山陶「青山茶会」 NEW
'2360周年記念美濃陶芸展
'23クラウドファンディ…
'23七色土玉作陶体験
'23創立60周年記念式典

'23故加藤孝造氏追悼式

'23特別顕彰
'23年度卓男賞、智子賞

'22年度卓男賞、智子賞
'22第25回美濃茶盌展
'21第45回美濃陶芸展
'21年度卓男賞、智子賞
'20年度卓男賞、智子賞
'20第24回美濃茶盌展
'19第9回美濃大茶会
'19年度卓男賞、智子賞
'19第44回美濃陶芸展
'18第8回美濃大茶会

'18第23回美濃茶盌展
'17第7回美濃大茶会
'17第43回美濃陶芸展
'17年度卓男賞、智子賞

'16第6回美濃大茶会

'16第22回美濃茶盌展
'16年度卓男賞、智子賞

’15第5回美濃大茶会
’15第42回美濃陶芸展

'15年卓男賞、智子賞
'15第21回庄六賞茶盌展
'14第4回美濃大茶会
'14第41回美濃陶芸展

'14卓男賞・桔梗賞

'14第20回庄六賞茶盌展
'13第3回美濃大茶会
'13第40回美濃陶芸展
'13卓男賞・桔梗賞
'13美濃陶芸のプロローグ
'13パネルディ…「文化の伝承」

'13協会設立50周年記念式典
'13協会設立50周年にあたって
'12第19回庄六賞茶盌展
'12第2回美濃大茶会

'12第39回美濃陶芸展
'12第18回庄六賞茶陶展

'11東日本大震災チャ…陶芸展
'10加藤孝造名誉顧問、人間国…
'09JR多治見駅陶壁完成

古くから日本の暦(こよみ)には、日付の他に「暦注(れきちゅう)」と呼ばれる季節に関する事項や農作業に役立つ情報が記載されていました。そして歴注には日々の吉凶についても記されていました。これは中国の「陰陽五行説」に基づいています。それによると、「天赦日(てんしゃび)」が最も縁起が良い日で、世のすべての神様が天に上り万物の罪を赦す日とされています。次に縁起の良い日は「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」で、地に蒔いた一粒の籾(もみ)が万倍にも実る日」と言われています。この日に財布に入れたお金は、万倍になって返って来ると言われ、財布を購入したりすると良いと言われています。「天赦日」は1年に5~6回あり、「一粒万倍日」は月に5~6回あります。どちらも単独で縁起がとても良い日ですが、この「天赦日」と「一粒万倍日」が重なった日は、運気向上の流れも倍になると考えられています。この最強開運日は、令和6年(2024)には7回あり、7月29日もそれにあたります。この日は「大安」でもあります。その後は8月12日、10月11日、12月26日となっています。この最強の日は、何か新しいことを始めるのに良い日とされ、結婚式、金婚式、竣工式などの慶事はもちろん、さまざまな障害が取り除かれることから、不安だったことを始めるのにもベストな日です。お店の開店をする、起業する、引っ越しする、などです。あくまで縁起かつぎですが、この日にあやかると運を引き寄せられるかも!?(2024.7/15)



URLを送信する
または検索をクリック

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
   

お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email