2017.7/15更新
〒507-0801岐阜県多治見市東町1-9-27 (多治見市美濃焼ミュージアム内) Tel.0572-25-5551 日・月曜日定休  
 



5/18
●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第3回美濃陶磁育成・智子賞」に、安藤 工氏(あんどうたくみ・多治見市)を選定いたしました。くわしくはこちら

5/6
「第43回美濃陶芸展」が盛況理に終了しました。
期間中、多くの方にご高覧頂きまして誠にありがとうございました。この記録は「美濃陶芸協会アーカイブ」に保存しました。くわしくはこちら
4/6 ●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第35回卓男賞」に、陶芸家・和田和文氏(わだかずふみ・岐阜県土岐市)を選定いたしました。 くわしくはこちら
1/9 訃報青山禮三(アオヤマレイゾウ)功労会員が、平成29年1月9日(月)に逝去されました。享年98歳。
謹んでお悔やみを申し上げます。
略歴等、くわしくはこちら
10/30 ●「第6回美濃大茶会」は、平成28年10月30日(日) に開催され、盛況裏に終了しました。多くの方にご参加頂き、誠にありがとうございました。
くわしくはこちら
2013
1/26

■「社団法人美濃陶芸協会」は公益社団法人化に伴い、「公益社団法人美濃陶芸協会」と名称を変更いたしました。省略形は「(公社)美濃陶芸協会」となります。今後ともよろしくお願い申し上げます。くわしくはこちら





桃山時代に茶の湯文化の大成と共に開花した美濃茶陶を、この機会に親しんでいただければ幸いです。初めての方も、どうかお気軽にご参加ください。
詳細 平成27年10月頃に開催予定。
開催要項が決まり次第、発表いたします。
参考 前回「第6回美濃大茶会(2016)」の記録はこちら




日本を代表する陶産地‘美濃’で開催されるトリエンナーレ(3年に一度開かれる国際美術展覧会)です。国際規模の陶磁器コンペティション「国際陶磁器展美濃」を中心に、陶磁器の産業と文化に寄与する様々な事業が展開される世界最大級の陶磁器の祭典です。
会期 平成29年9月15日(金)〜10月22日(日)
会場 セラミックパークMINO、多治見市、土岐市、瑞浪市
詳細 くわしくはこちら


(詳細がわかり次第リンクします)
 駄知どんぶりまつり  平成29年10月初旬頃
 美濃焼祭 平成29年10月中旬頃
 たじみ茶碗まつり 平成29年10月中旬頃
 陶の里フェスティバル in 市之倉 平成29年10月中旬頃
 美濃焼伝統工芸品まつり 平成29年10月下旬頃
 下石どえらぁええ陶器祭り 平成29年11月初旬頃

公募展の仕組み変更 NEW
智子賞を新設

公益社団法人への移行
協会設立50周年にあたって

第43回美濃陶芸展 NEW
平成29年度卓男賞、智子賞
NEW
第6回美濃大茶会

第22回美濃茶盌展
平成28年卓男賞、智子賞

第5回美濃大茶会
第42回美濃陶芸展

平成27年卓男賞、智子賞
第21回庄六賞茶盌展
第4回美濃大茶会
第41回美濃陶芸展

平成26年卓男賞・桔梗賞

第20回庄六賞茶盌展
第3回美濃大茶会
第40回美濃陶芸展
平成25年卓男賞・桔梗賞
美濃陶芸のプロローグ
パネルディス…「文化の伝承」

協会設立50周年記念式典
第19回庄六賞茶盌展
第2回美濃大茶会

第39回美濃陶芸展
第18回庄六賞茶陶展

林 恭助会長就任あいさつ
東日本大震災チャリティ陶芸展
加藤孝造名誉顧問、人間国宝に
JR多治見駅陶壁完成

7月30日と31日は、全国の多くの神社で「茅の輪(ちのわ)くぐり」という神事が行われます。これは「夏越大祓(なごしのおおはらえ)とも云われ、正月からの半年間にたまった罪や穢(けが)れを祓(はら)う神事です。中には6月末ごろに行う神社もあります。奈良時代初期に編纂された「備後風土記(びんごふどき)」によると、ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコト(素盞鳴尊)が、竜宮の姫と結婚するために旅をしている途中、ある村へ辿り着きました。この村には、「蘇民将来(そみんしょうらい)」と、「巨旦将来(こたんしょうらい)」という兄弟がそれぞれ一家を成していました。初めに門を叩いた弟の巨旦将来の家は、裕福であったにもかかわらずスサノオの汚れた身なりを見て宿泊を拒みました。次に訪ねた兄の蘇民将来の家では、貧しいながらも厚くもてなされ、スサノオは疲れた体を休めることが出来ました。その数年後、竜宮からの帰途、再び蘇民将来の家を訪ねたスサノオは、「もし悪い病気が流行ることがあったら、茅草(かやくさ)で「茅の輪(ちのわ)」を作り腰に付けていれば、厄除けとなって病気にかからない」と教えました。のちにこの地方で疫病がまん延した時、巨旦将来の家族は病に倒れましたが、蘇民将来とその家族は「茅の輪」を腰に付けていたおかげで助かったというのです。この云い伝えから、「蘇民将来子孫」と書いた紙を門に貼っておくと災いを免れるという信仰が生まれました。「茅の輪」も当初は伝説の通り小さなものを腰に付けていましたが、次第に大きくなって、江戸初期には人がくぐれるほどの大きな輪となりました。これを手順に従ってくぐれば、罪や災いを取り除けるという神事になったと云うことです。(7/15)



URLを送信する

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
 
 
お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email