2017.11/15更新
〒507-0801岐阜県多治見市東町1-9-27 (多治見市美濃焼ミュージアム内) Tel.0572-25-5551 日・月曜日定休  
 



9/27
●平成30年5月に開催予定の「第23回美濃茶盌展」(旧庄六賞茶盌展)の開催&公募要項が決まりました。
くわしくは下記イベント情報、またはこちら
公募期間=平成30年2月9日(金) 〜 2月26日(月)

9/24
●平成29年9月24日(日)に、「第7回美濃大茶会」を開催いたしました。多くのお客様にご参加頂きまして、誠にありがとうございました。くわしくはこちら
5/18 ●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第3回美濃陶磁育成・智子賞」に、安藤 工氏(あんどうたくみ・多治見市)を選定いたしました。くわしくはこちら
5/6 「第43回美濃陶芸展」が盛況理に終了しました。
期間中、多くの方にご高覧頂きまして誠にありがとうございました。この記録は「美濃陶芸協会アーカイブ」に保存しました。くわしくはこちら
4/6 ●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第35回卓男賞」に、陶芸家・和田和文氏(わだかずふみ・岐阜県土岐市)を選定いたしました。 くわしくはこちら
1/9 訃報青山禮三(アオヤマレイゾウ)功労会員が、平成29年1月9日(月)に逝去されました。享年98歳。
謹んでお悔やみを申し上げます。
略歴等、くわしくはこちら
2013
1/26

■「社団法人美濃陶芸協会」は公益社団法人化に伴い、「公益社団法人美濃陶芸協会」と名称を変更いたしました。省略形は「(公社)美濃陶芸協会」となります。今後ともよろしくお願い申し上げます。くわしくはこちら





上記画像は前回「第22回美濃茶盌展(2016)」
「庄六賞茶盌展」として長く親しまれた本展は、前回の第22回展より名称を「美濃茶盌展」とし、「美濃陶芸展」と交互の隔年開催と致しました。次回第23回美濃茶盌展をお楽しみに!
多治見展
(セラミックパークMINO)
平成30年(2018) 5月3日(木) 〜 5月6日(日)
10:00 〜 17:00 (最終日は16:00まで) ※初日のみ11:00から
名古屋展
(JR名古屋タカシマヤ)

平成30年(2018) 5月16日(水) 〜 5月22日(火)
10階 美術画廊

開催および公募要項 くわしくはこちら
公募要項PDF ダウンロードはこちら
公募期間 平成30年(2018) 2月9日(金) 〜 2月26日(月) 

・美濃茶盌大賞 (賞金50万円 1名)
 
(大賞作品は賞金をもって買取り、とうしん美濃陶芸美術館に収蔵)
・金 賞 (賞金10万円 1名)
・銀 賞 (賞金5万円 1名)
・銅 賞 (賞金1万円 2名)
・奨励賞 (若干名)

参考 前回「第22回美濃茶盌展(2016)」の記録はこちら




詳細がわかり次第リンクします 
 高田焼祭 平成30年4月初旬頃
 たじみ陶器まつり 平成30年4月中旬頃
 市之倉陶祖祭 平成30年4月中旬頃
 TOKI-陶器祭り 平成30年4月下旬頃 
 土岐美濃焼まつり 平成30年5月初旬頃
 春の美濃焼伝統工芸品まつり 平成30年5月初旬頃
 だち窯やまつり 平成30年5月初旬頃
 かさはら陶器まつり産業フェスタ 平成30年6月下旬頃 

公募展の仕組み変更 NEW
智子賞を新設

公益社団法人への移行
協会設立50周年にあたって

第7回美濃大茶会 NEW
第43回美濃陶芸展
平成29年度卓男賞、智子賞

第6回美濃大茶会

第22回美濃茶盌展
平成28年卓男賞、智子賞

第5回美濃大茶会
第42回美濃陶芸展

平成27年卓男賞、智子賞
第21回庄六賞茶盌展
第4回美濃大茶会
第41回美濃陶芸展

平成26年卓男賞・桔梗賞

第20回庄六賞茶盌展
第3回美濃大茶会
第40回美濃陶芸展
平成25年卓男賞・桔梗賞
美濃陶芸のプロローグ
パネルディス…「文化の伝承」

協会設立50周年記念式典
第19回庄六賞茶盌展
第2回美濃大茶会

第39回美濃陶芸展
第18回庄六賞茶陶展

林 恭助会長就任あいさつ
東日本大震災チャリティ陶芸展
加藤孝造名誉顧問、人間国宝に
JR多治見駅陶壁完成

毎年この時期になるとノーベル賞受賞者の話題がマスコミを賑わしていますね。ノーベル賞は、1901年(明治34年)11月27日に第1回授賞式があり、X線を発見したドイツの物理学者ヴィルヘルム・レントゲン(ノーベル物理学賞)ら6名が受賞しました。ノーベル賞は、ダイナマイトを発明したスウェーデンの化学者で事業家の「アルフレッド・ノーベル」(1833~1896)が、「自分の遺産を人類のために大いなる貢献をした人々に分配するように」との遺言に因んで創設された、世界で最も権威のある賞です。ノーベルの遺産は約3150万クローネ(約207億円)で、これを基金として「ノーベル財団」が管理しています。この遺言をしたためた1895年11月27日に因んで、第1回授賞式は1901年のその日に行われました。現在ではノーベルの命日にあたる12月10日に授賞式が行われます。当初は物理学・化学・医学生理学・文学・平和の5分野だけでした。ところが、1969年、スウェーデン国立銀行が創立300周年を記念して相当額の資金をノーベル財団に寄付して、ゴリ押しで「経済学賞」を作らせてしまいました。この賞はノーベルの遺言に基づいていないため、彼の子孫や文学賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーも認めておらず、ノーベル財団も単に「経済学賞」と、「ノーベル」の名を冠していない名称を用いて「ままこ」扱いされています。受賞者は欧米人に偏っており、アジアからはインド人が1人だけ受賞しています。もしも日本人がこの賞を受賞するとなると、「正式なノーベル賞」の賞金は「所得税法第9条13号」で「ノーベル賞受賞者は非課税」と明記されていますが、この「経済学賞」だけはスウェーデン国立銀行から賞金が出るため、課税となるそうですよ。心当たりの方はご用心、ご用心!(11/15)



URLを送信する

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
 
 
お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email