2020.2/17更新
〒507-0801岐阜県多治見市東町1-9-27 (多治見市美濃焼ミュージアム内) Tel.0572-25-5551 日・月曜日定休  
 



2020
2/17
●「第24回美濃茶盌展」の作品応募受付は締め切りました。審査は、令和2年3月8日(日)に行われます。
応募期間=令和2年2月3日(月) 〜 2月17日(月)
くわしくはこちら

2020
2/1
「会員作品展示販売コーナー」
2月の出展者は「西 功一氏」と「加藤三英氏」です。
くわしくはこちら

2019
9/29
●「第24回美濃茶盌展」の公募要項が決まりました。
展覧会は、令和2年5月に多治見展と名古屋展が開催されます。くわしくは下記イベント情報、またはこちら
2019
9/29
●令和元年9月29日(日)に、「第9回美濃大茶会」を開催いたしました。多くのお客様にご参加頂きまして誠にありがとうございました。くわしくはこちら
2019
5/30
●(公社)美濃陶芸協会は、「第5回 美濃陶磁育成 智子賞」に加藤土代久(かとうとよひさ・土岐市)氏を選定いたしました。
くわしくはこちら
2019
5/4
●この度開催いたしました「第44回美濃陶芸展」には、多くのお客様にご高覧賜りまして、誠にありがとうございました。この記録は「美濃陶芸協会アーカイブ」に保存しました。
2019
4/23
●訃報:功労会員の松原正典氏が逝去されました。
享年105歳。
ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
くわしくはこちら
2019
4/12
●(公社)美濃陶芸協会は、「第37回卓男賞」に水野雅之(みずのまさし・土岐市)氏を選定いたしました。
くわしくはこちら
2013
1/26

■「社団法人美濃陶芸協会」は公益社団法人化に伴い、「公益社団法人美濃陶芸協会」と名称を変更いたしました。省略形は「(公社)美濃陶芸協会」となります。今後ともよろしくお願い申し上げます。くわしくはこちら





美濃焼は、桃山時代に「志野」「織部」「黄瀬戸」等を生み出し、日本の陶芸文化の発展に寄与しております。本展は「陶磁器の茶盌」に限定した公募展ですが、それ以外の制約を設けておりません。全国の多くの皆様が、創意あふれる作品で挑戦していただくことを期待しています。
なお、「美濃茶盌展」は「美濃陶芸展」と毎年交互に開催いたします。従って、令和2年は「美濃茶盌展」を開催します。※下記画像は前回第23回展の入賞作品です。

多治見展

令和2年(2020) 5月2日(土) 〜 5月4日(月)
10:00 〜 17:00 (最終日は16:00まで) ※初日のみ10:30〜
セラミックパークMINO・国際会議場

名古屋展 令和2年(2020) 5月20日(水) 〜 5月26日(火)
JP名古屋高島屋・10階美術画廊
公募要項 くわしくはこちら
PDFダウンロード第24回美濃茶盌展・公募要項
応募される方は美濃陶芸協会事務局までご連絡下さい。
公募要項パンフレットをお送りします。
TEL.0572-25-5551  FAX.0572-25-5879  Email
公募
申込期間
令和2年(2020) 2月3日(月) 〜 2月17日(月)

・美濃茶盌大賞 (賞金50万円 1名)
(大賞作品は賞金をもって買取り、とうしん美濃陶芸美術館に収蔵)
・金 賞 (賞金10万円 1名)
・銀 賞 (賞金5万円 1名)
・銅 賞 (賞金1万円 2名)
・奨励賞 (若干名)





※ 詳細が決まり次第リンクします
 高田焼祭 令和2年(2020) 4月初旬頃
 たじみ陶器まつり 令和2年(2020) 4月中旬頃
 市之倉陶祖祭 令和2年(2020) 4月中旬頃
 TOKI-陶器祭り 令和2年(2020) 4月下旬頃 
 土岐美濃焼まつり 令和2年(2020) 5月初旬頃
 春の美濃焼伝統工芸品まつり 令和2年(2020) 5月初旬頃
 だち窯やまつり 令和2年(2020) 5月初旬頃
 かさはら陶器まつり・産業フェスタ 令和2年(2020) 6月中旬頃 

 

会員作品展示販売のご案内 NEW
公募展の仕組み変更
智子賞を新設
公益社団法人への移行
協会設立50周年にあたって

2019年第9回美濃大茶会 NEW
2019年度卓男賞、智子賞
第44回美濃陶芸展
第8回美濃大茶会

第23回美濃茶盌展
第7回美濃大茶会
第43回美濃陶芸展
平成29年度卓男賞、智子賞

第6回美濃大茶会

第22回美濃茶盌展
平成28年卓男賞、智子賞

第5回美濃大茶会
第42回美濃陶芸展

平成27年卓男賞、智子賞
第21回庄六賞茶盌展
第4回美濃大茶会
第41回美濃陶芸展

平成26年卓男賞・桔梗賞

第20回庄六賞茶盌展
第3回美濃大茶会
第40回美濃陶芸展
平成25年卓男賞・桔梗賞
美濃陶芸のプロローグ
パネルディス…「文化の伝承」

協会設立50周年記念式典
第19回庄六賞茶盌展
第2回美濃大茶会

第39回美濃陶芸展
第18回庄六賞茶陶展

林 恭助会長就任あいさつ
東日本大震災チャリティ陶芸展
加藤孝造名誉顧問、人間国宝に
JR多治見駅陶壁完成

今年も、メジロが庭木に刺したミカンを食べに来ました。やっぱりメジロが一番可愛いですね。全長12cm程で、スズメよりも小さいです。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっています。混み合っている状態や、物事が多くあることを「目白押し」と云いますが、これはメジロのぴったりと寄り添って枝に並ぶ習性から生まれた慣用句です。さて、小鳥の鳴き声には「地鳴き(じなき)」と「さえずり」の二種類があります。地鳴き(bird call)とは、日常的な鳴き声のことです。オスメスも成鳥ヒナ関係なく出します。食物ねだり、飛び立ち、恐怖、なだめ、威嚇、求愛、タカへの警戒、仲間を呼ぶ時などに使います。鳥の種類によって声の大小や単純さ、複雑さもいろいろです。さえずり(bird song)とは、主にオスが繁殖期に鳴いて、なわばりを主張したり、メスを引きつけたりするために鳴きます。メジロの地鳴きは「チーチー」で、さえずりは「チュゥチュゥ」。ウグイスでは、「チャッチャッ」が「地鳴き」で「ホーホケキョ」が「さえずり」となります。ところで、メジロの鳴き声の美しさや回数の多さを競う「鳴き合わせ会」というものがあることはあまり知られていません。メジロなど一部の野鳥は、かつては一世帯一羽まで飼うことが認められていましたが、平成24年4月以降は全ての野鳥を捕ることも飼うことも法律で禁じられました。従って、今ではメジロ愛好家による密猟や密売が人知れず行われているそうです。鳴き合わせ会は、メジロの鳴き声の美しさや回数の多さを競い、3分間で平均400~600回さえずり、優勝するメジロは800回近くさえずると云います。これは専用の器械によって測定します。この回数によってメジロを「横綱」「大関」などと格付けし、「横綱」のメジロは数百万円で取引されると云われています。何しろ違法なことですのでコッソリと行われています。それゆえ、これらが暴力団の資金源にもなっているそうですよ。可愛いメジロの話がトンデモナイ話になってしまいました。(2/15)



URLを送信する

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
   
 
お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email