2018.7/15更新
〒507-0801岐阜県多治見市東町1-9-27 (多治見市美濃焼ミュージアム内) Tel.0572-25-5551 日・月曜日定休  
 



2018
7/1
●公益社団法人美濃陶芸協会の会員名簿を更新致しました。上記メニューの「会員名簿」から、またはこちら
2018
5/31
●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第4回美濃陶磁育成・智子賞」に青山貴秀氏(中津川市)を選定いたしました。
くわしくはこちら
2018
5/22

●「第23回美濃茶盌展の多治見展および名古屋展」は盛況理に終了しました。多くの方々にご高覧頂きまして、誠にありがとうございました。この記録は「美濃陶芸協会アーカイブ」に保存しました。くわしくはこちら

2018
4/13
●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第36回卓男賞」に斎木俊秀氏(土岐市)を選定いたしました。
くわしくはこちら
2017
9/24
●平成29年9月24日(日)に、「第7回美濃大茶会」を開催いたしました。多くのお客様にご参加頂きまして、誠にありがとうございました。くわしくはこちら
2013
1/26

■「社団法人美濃陶芸協会」は公益社団法人化に伴い、「公益社団法人美濃陶芸協会」と名称を変更いたしました。省略形は「(公社)美濃陶芸協会」となります。今後ともよろしくお願い申し上げます。くわしくはこちら





桃山時代に茶の湯文化の大成と共に開花した美濃茶陶をこの機会に親しんでいただければ、と催しを始めて8回目となります。秋めく一時をお楽しみいただければ幸いです。
日時 平成30年(2018) 9月30日(日) 9:30〜15:00
会場

セラミックパークMINO 本席 / 茶室、立礼席 / 国際会議場

主催 公益社団法人 美濃陶芸協会
席主
参加費 ¥10,000
参加費内訳

●茶席二席
・美濃古陶器にて一席
・美濃陶芸協会会員茶盌にて一席
●点心 /割烹 魯山(ろざん・多治見市)
●菓子 / 美濃和菓子選定会にて決定
●記念品 / 美濃陶芸協会会員作品1点

参加募集

定員になり次第、募集は終了させて頂きます。

お問い合わせ ●美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551




(詳細がわかり次第リンクします)
 駄知どんぶりまつり  平成30年10月初旬頃
 美濃焼祭 平成30年10月中旬頃
 たじみ茶碗まつり 平成30年10月中旬頃
 陶の里フェスティバル in 市之倉 平成30年10月中旬頃
 美濃焼伝統工芸品まつり 平成30年10月下旬頃
 下石どえらぁええ陶器祭り 平成30年11月初旬頃
公募展の仕組み変更
智子賞を新設

公益社団法人への移行
協会設立50周年にあたって

第23回美濃茶盌展 NEW
平成30年度卓男賞、智子賞 NEW
第7回美濃大茶会
第43回美濃陶芸展
平成29年度卓男賞、智子賞

第6回美濃大茶会

第22回美濃茶盌展
平成28年卓男賞、智子賞

第5回美濃大茶会
第42回美濃陶芸展

平成27年卓男賞、智子賞
第21回庄六賞茶盌展
第4回美濃大茶会
第41回美濃陶芸展

平成26年卓男賞・桔梗賞

第20回庄六賞茶盌展
第3回美濃大茶会
第40回美濃陶芸展
平成25年卓男賞・桔梗賞
美濃陶芸のプロローグ
パネルディス…「文化の伝承」

協会設立50周年記念式典
第19回庄六賞茶盌展
第2回美濃大茶会

第39回美濃陶芸展
第18回庄六賞茶陶展

林 恭助会長就任あいさつ
東日本大震災チャリティ陶芸展
加藤孝造名誉顧問、人間国宝に
JR多治見駅陶壁完成

多治見の街から国道19号線で春日井、名古屋方面へ行く途中、県境を越えたところに「内々(うつつ)神 社」があります。平安中期の延長5年(927)にまとめられた、延喜式神名帳(えんぎしきしんめいちょう・全国の官社一覧表)にも記載されている由緒ある神社です。さて、景行40年7月16日、第12代景行天 皇(ケイコウテンノウ)が皇子の日本武尊(ヤマトタケルノミコト)に東方征伐の勅令を下しました。関 東の服従しない十二国を平定せよとの命令でした。その事績の中にこの神社に関係ある伝説があります。遠征の途上、日本武尊は尾張・熱田の宮で、尾張の豪族、建稲種命(タケイナダネノミコト)に出会 い意気投合し、東征副将軍とされました。そして、日本武尊はその妹・宮簀姫命(ミヤズヒメノミコト) を娶り、平定に向かわれました。その東方征伐が終わっての帰り道、尊は甲斐から信濃、美濃を通って 尾張へ抜ける峠を越えた時、早馬で駆けてきた従者の久米八腹(クメノヤハラ)から副将軍・建稲種命が 駿河の海で水死したとの報告を受けました。それを聞いた日本武尊は「ああ現哉(うつつかな、これは 現実か)」と嘆き、その地で義兄の霊を祀りました。これが内々(うつつ)神社の始まりと伝えられてい ます。現在、内々(うつつ)は神社名だけで、行政的には内津(うつつ)と表記され、所在地名は春日井市 内津(うつつ)町、神社のすぐ上にある峠を内津(うつつ)峠としています。(7/15)



URLを送信する

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
 
 
お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email