2021.4/1更新 
〒507-0014岐阜県多治見市虎渓山町4-13-1 (とうしん学びの丘"エール"内) Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 土・日・月曜日定休  
 



2021
3/20

「美濃陶芸協会ギャラリー」 をオープンします!
開店日 / 2021年4月10日(土) 10:00〜16:00
オープニング企画 / 「美濃陶芸茶陶展」
くわしくはこちら


2021
2/26
●東海テレビ放送と美濃陶芸協会コラボ企画 
「東海テレビ×美濃陶芸協会 ギャラリー碗 ONE 」 をオープンします。
開店日 / 令和3年3月13日(土)
くわしくはこちら
2020
5/28
●(公社)美濃陶芸協会は、令和2年度「第6回美濃陶磁育成・智子賞」に冨岡大資氏(とみおか だいすけ・揖斐郡池田町)を選定いたしました。
くわしくはこちら
2020
5/26
●「第24回美濃茶盌展・名古屋展」には、多くのお客様にご高覧頂きまして、誠にありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。この記録は「美濃陶芸協会アーカイブ」に保存しました。
2020
5/8
●(公社)美濃陶芸協会は、令和2年度「第38回卓男賞」に東 正之氏(あずま まさゆき・多治見市)を選定いたしました。
くわしくはこちら
2020
5/7
●「第10回美濃大茶会」中止のお知らせ
今秋開催予定の「国際陶磁器フェスティバル美濃’20」が新型コロナウィルス感染症の世界的拡大の影響により1年ほど延期となりましたので、共催事業の「第10回美濃大茶会」(令和2年10月3日、4日開催予定)は中止となりました。 お楽しみにされていた方々には心よりお詫び申し上げます。
2020
4/8
美濃陶芸協会・事務局移転
公益社団法人美濃陶芸協会・事務局は、このたび下記住所に移転いたしました。よろしくお願いいたします。

新住所=〒507-0014岐阜県多治見市虎渓町4-13-1
(とうしん学びの丘"エール"内)
なお、電話、FAX、メールアドレス、サイトURLに変更はありません。くわしくはこちら 地図はこちら

2020
4/2
●多治見展中止のお知らせ
新型コロナウイルス感染予防のため、5月2日(土) 〜 4日(月) に開催予定の「第24回美濃茶盌展(多治見展)」は、中止することとなりました。「名古屋展」は今のところ開催予定ですが、今後の状況次第となります。
くわしくは、下記「協会イベント情報」をご覧下さい。

2020
3/8
●「第24回美濃茶盌展」の入賞作品が決まりました。
くわしくはこちら
2013
1/26

■「社団法人美濃陶芸協会」は公益社団法人化に伴い、「公益社団法人美濃陶芸協会」と名称を変更いたしました。省略形は「(公社)美濃陶芸協会」となります。今後ともよろしくお願い申し上げます。くわしくはこちら





オープニング企画
くわしくはこちらをご覧下さい。



オープニング企画

くわしくはこちらをご覧下さい。





会期●2021年9月17日(金)〜10月17日(日)
※ 2020年9月18日~10月18日開催予定だった「国際陶磁器フェスティバル美濃’20」は、新型コロナウィルス感染症の世界的拡大の影響により、1年延期することになりました。
くわしくはこちら



※ 詳細が決まり次第リンクします
※ 新型コロナウイルスの感染状況次第で、延期や中止になる場合があります。
高田焼祭 中止 令和3年4月初旬頃
たじみ陶器まつり (分散開催) 令和3年4月10日(土)・11日(日)
「市之倉陶祖祭」としては中止。
「陶の里倉之市」として市之倉さかづき美術館周辺で一部窯元出店
令和3年4月10日(土)・11日(日)
春の土岐市美濃焼祭り
  ~水辺の陶器マルシェ~
中止
令和3年4月下旬頃 
土岐美濃焼まつり 令和3年5月3日(月)〜5日(水)
春の美濃焼伝統工芸品まつり 令和3年5月3日(月)〜5日(水)
だち窯やまつり 令和3年5月3日(月)〜5日(水)

 

■「美濃陶芸協会ギャラリー」オープン NEW
■「東海テレビ×美濃陶芸協会 ギャラリー碗 ONE」 オープンNEW
事務局移転
公募展の仕組み変更
智子賞を新設
公益社団法人への移行
協会設立50周年にあたって

2020年度卓男賞、智子賞 NEW
第24回美濃茶盌展
第9回美濃大茶会
2019年度卓男賞、智子賞
第44回美濃陶芸展
第8回美濃大茶会

第23回美濃茶盌展
第7回美濃大茶会
第43回美濃陶芸展
平成29年度卓男賞、智子賞

第6回美濃大茶会

第22回美濃茶盌展
平成28年卓男賞、智子賞

第5回美濃大茶会
第42回美濃陶芸展

平成27年卓男賞、智子賞
第21回庄六賞茶盌展
第4回美濃大茶会
第41回美濃陶芸展

平成26年卓男賞・桔梗賞

第20回庄六賞茶盌展
第3回美濃大茶会
第40回美濃陶芸展
平成25年卓男賞・桔梗賞
美濃陶芸のプロローグ
パネルディス…「文化の伝承」

協会設立50周年記念式典
第19回庄六賞茶盌展
第2回美濃大茶会

第39回美濃陶芸展
第18回庄六賞茶陶展

林 恭助会長就任あいさつ
東日本大震災チャリティ陶芸展
加藤孝造名誉顧問、人間国宝に
JR多治見駅陶壁完成

4月8日は、お釈迦様の御降誕日で「花まつり」とも「灌仏会(かんぶつえ)」とも言います。この日各地の古刹、名刹では、その昔中国から伝来してきた「雅楽(ががく)」によるお祝いの演奏をされるところがあります。ところで、料亭の突き出しを一口食べて「ウーン、おつな味だ」と言うことがありますよね。この「おつ」とは、「趣のある、粋な」というような意味で、じつは雅楽用語から来ています。雅楽、邦楽では、高い調子の音を「甲(こう)」と言うのに対して、一段低い調子の音を「乙(おつ)」と言います。「甲高い(かんだかい)声」と言うように、「甲」は高く鋭く響くのに対して、「乙」は「低音」で、渋くしんみりとした調子であるところから、この意味に使われるようになりました。おつな味の料理を肴に、酒が回って自慢話なんかを始めると、「なんだ、あいつ図に乗りやがって……」と、まわりから白い目で見られることになります。この「図に乗る」という言葉も仏教の「声明(しょうみょう)」からきています。声明とは、仏教の儀式や法要で僧が唱(とな)える声楽のこと。古典の調子どおりに歌うのはとてもむずかしいため、調子の変わるところには印が付いています。これが「図」で、僧たちは練習に励み、その通りに歌えるようになると、「図に乗った」と言って喜んだといいます。このときばかりは、謹厳な僧たちも浮ついていて、得意げに見えたのでしょう。ここから「調子づく」という意味合いに使われるようになりました。さて、調子づいてお酒を過ごすと「ろれつ」が回らなくなります。何らかの原因で「舌」がうまく動かなくなり、言葉が不明瞭になることですよね。この「ろれつ」とは、「呂律」と書いて「りょりつ」と読みました。「呂」も「律」も雅楽の音階名です。雅楽を合奉するとき、「呂の音階」と「律の音階」がうまく合わないことを「呂律が回らない」と言っていたのです。この「りょりつ」が変化して「ろれつ」と言うようになり、そのまま現在も使われているのです。我々の言う何気ない言葉にも、仏教、雅楽の言葉から由来するものがあるのですね。(4/1)



URLを送信する
または検索をクリック

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
   
 
お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email