2018.1/15更新
〒507-0801岐阜県多治見市東町1-9-27 (多治見市美濃焼ミュージアム内) Tel.0572-25-5551 日・月曜日定休  
 


9/27 ●平成30年5月に開催予定の「第23回美濃茶盌展」(旧庄六賞茶盌展)の開催&公募要項が決まりました。
くわしくは下記イベント情報、またはこちら
公募期間=平成30年2月9日(金) 〜 2月26日(月)
9/24 ●平成29年9月24日(日)に、「第7回美濃大茶会」を開催いたしました。多くのお客様にご参加頂きまして、誠にありがとうございました。くわしくはこちら
5/18 ●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第3回美濃陶磁育成・智子賞」に、安藤 工氏(あんどうたくみ・多治見市)を選定いたしました。くわしくはこちら
5/6 「第43回美濃陶芸展」が盛況理に終了しました。
期間中、多くの方にご高覧頂きまして誠にありがとうございました。この記録は「美濃陶芸協会アーカイブ」に保存しました。くわしくはこちら
4/6 ●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第35回卓男賞」に、陶芸家・和田和文氏(わだかずふみ・岐阜県土岐市)を選定いたしました。 くわしくはこちら
1/9 訃報青山禮三(アオヤマレイゾウ)功労会員が、平成29年1月9日(月)に逝去されました。享年98歳。
謹んでお悔やみを申し上げます。
略歴等、くわしくはこちら
2013
1/26

■「社団法人美濃陶芸協会」は公益社団法人化に伴い、「公益社団法人美濃陶芸協会」と名称を変更いたしました。省略形は「(公社)美濃陶芸協会」となります。今後ともよろしくお願い申し上げます。くわしくはこちら





上記画像は前回「第22回美濃茶盌展(2016)」
「庄六賞茶盌展」として長く親しまれた本展は、前回の第22回展より名称を「美濃茶盌展」とし、「美濃陶芸展」と交互の隔年開催と致しました。次回第23回美濃茶盌展をお楽しみに!
多治見展
(セラミックパークMINO)
平成30年(2018) 5月3日(木) 〜 5月6日(日)
10:00 〜 17:00 (最終日は16:00まで) ※初日のみ11:00から
名古屋展
(JR名古屋タカシマヤ)

平成30年(2018) 5月16日(水) 〜 5月22日(火)
10階 美術画廊

開催および公募要項 くわしくはこちら
公募要項PDF ダウンロードはこちら
公募期間 平成30年(2018) 2月9日(金) 〜 2月26日(月) 

・美濃茶盌大賞 (賞金50万円 1名)
 
(大賞作品は賞金をもって買取り、とうしん美濃陶芸美術館に収蔵)
・金 賞 (賞金10万円 1名)
・銀 賞 (賞金5万円 1名)
・銅 賞 (賞金1万円 2名)
・奨励賞 (若干名)

参考 前回「第22回美濃茶盌展(2016)」の記録はこちら




詳細がわかり次第リンクします 
 高田焼祭 平成30年4月初旬頃
 たじみ陶器まつり 平成30年4月中旬頃
 市之倉陶祖祭 平成30年4月中旬頃
 TOKI-陶器祭り 平成30年4月下旬頃 
 土岐美濃焼まつり 平成30年5月初旬頃
 春の美濃焼伝統工芸品まつり 平成30年5月初旬頃
 だち窯やまつり 平成30年5月初旬頃
 かさはら陶器まつり産業フェスタ 平成30年6月下旬頃 

公募展の仕組み変更
智子賞を新設

公益社団法人への移行
協会設立50周年にあたって

第7回美濃大茶会
第43回美濃陶芸展
平成29年度卓男賞、智子賞

第6回美濃大茶会

第22回美濃茶盌展
平成28年卓男賞、智子賞

第5回美濃大茶会
第42回美濃陶芸展

平成27年卓男賞、智子賞
第21回庄六賞茶盌展
第4回美濃大茶会
第41回美濃陶芸展

平成26年卓男賞・桔梗賞

第20回庄六賞茶盌展
第3回美濃大茶会
第40回美濃陶芸展
平成25年卓男賞・桔梗賞
美濃陶芸のプロローグ
パネルディス…「文化の伝承」

協会設立50周年記念式典
第19回庄六賞茶盌展
第2回美濃大茶会

第39回美濃陶芸展
第18回庄六賞茶陶展

林 恭助会長就任あいさつ
東日本大震災チャリティ陶芸展
加藤孝造名誉顧問、人間国宝に
JR多治見駅陶壁完成

1月24日は「初地蔵」の日です。この日に地蔵尊が祀ってあるお寺にお参りすると、特に大きな御利益があると信じられ、多くの人が参拝に訪れます。仏教では、仏法が絶滅の危機に瀕する時、代わって人類の救済のために出現するのが、救世主「弥勒菩薩(みろくぼさつ)」と云われています。しかし、この「弥勒菩薩」が現れるのは、釈迦入滅の「56億7千万年後」とされ、それまでの長い期間、代理として人々を導き、救済するという任務を背負っているのが「地蔵菩薩」、いわゆる「お地蔵様」です。お地蔵様には、子安地蔵・水子地蔵・とげ抜き地蔵・咳止め地蔵・いぼ取り地蔵・雨晴れ地蔵などがあり、まるで専門医のように個別の病苦、悩みを受け止めてくれます。そして、地蔵信仰は民間にも広がり、町や村の結界の路傍に立って「道祖神」と同様に地域を守る役割も果たすようになり、人々の苦しみの身代わりとなってくれる存在(代受苦者・だいじゅくしゃ)となりました。ことに、子供の「守り仏」として絶大な信仰があります。水子など幼い子が親より先に世を去ると、親を悲しませ親孝行の功徳も積んでないことから、「三途の川」を渡って彼岸へ行くことが許されず、「賽(さい)の河原」で鬼にいじめられながら石の塔婆作りを永遠に続けなければならない、とされています。そんな時、地蔵菩薩が現れて鬼から子供たちを守ってやり、仏法を説いて徳を積ませ、三途の川を渡る資格を与えて成仏へと導いてくれると云います。お地蔵様が「よだれ掛け」をしているのも、子供を亡くした親が早く自分の子をお地蔵様に救ってもらいたいとの願いを込めて、その子供の匂いの付いた「よだれ掛け」を供えたのが始まりとされています。(1/15)



URLを送信する

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
 
 
お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email