2019.2/15更新
〒507-0801岐阜県多治見市東町1-9-27 (多治見市美濃焼ミュージアム内) Tel.0572-25-5551 日・月曜日定休  
 



2018
12/22
●「第44回美濃陶芸展」の開催要項および公募要項が決まりました。くわしくは下記イベント情報をご覧下さい。 またはこちら
展覧会 = 2019年5月2日(木)〜5月4日(土)
2018
10/3
台風の接近で当日ご来場出来なかったお客様の記念品は、「美濃焼ミュージアム」内の美濃陶芸協会事務局にてお預かりしています。恐縮ですが、「お茶券」を持参の上お受け取りをお願いいたします。くわしくはこちら
2018
9/30
●平成30年9月30日(日)に、「第8回美濃大茶会」を開催いたしました。台風24号が接近する中、多くのお客様にご参加頂きまして誠にありがとうございました。くわしくはこちら
2018
7/1
●公益社団法人美濃陶芸協会の会員名簿を更新致しました。上記メニューの「会員名簿」から、またはこちら
2018
5/31
●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第4回美濃陶磁育成・智子賞」に青山貴秀氏(中津川市)を選定いたしました。
くわしくはこちら
2018
5/22

●「第23回美濃茶盌展の多治見展および名古屋展」は盛況理に終了しました。多くの方々にご高覧頂きまして、誠にありがとうございました。この記録は「美濃陶芸協会アーカイブ」に保存しました。くわしくはこちら

2018
4/13
●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第36回卓男賞」に斎木俊秀氏(土岐市)を選定いたしました。
くわしくはこちら
2013
1/26

■「社団法人美濃陶芸協会」は公益社団法人化に伴い、「公益社団法人美濃陶芸協会」と名称を変更いたしました。省略形は「(公社)美濃陶芸協会」となります。今後ともよろしくお願い申し上げます。くわしくはこちら





美濃陶芸展は、中日新聞社はじめ関係各位のご支援のもと、全国から公募した未発表の陶芸作品を一堂に展示する、隔年開催の催しです。伝統技法作品から実験的野心的作品まで、創意あふれる多彩な陶芸の力作を堪能して頂けます。
出品作品の中から、厳正な審査の結果、美濃陶芸大賞など各賞が選定されます。
※下記画像は、第43回美濃陶芸展(2017)の入賞作品及び会場風景
開催要項 開催要項はこちら
公募要項

公募要項はこちら  公募要項パンフレットPDFはこちら

公募期間 2019年4月8日(月) ~ 4月19日(金)
展覧会期間 2019年5月2日(木)〜5月4日(土)
お問い合わせ 美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551




※ 詳細が決まり次第リンクします
 高田焼祭 2019年4月初旬頃
 たじみ陶器まつり 2019年4月中旬頃
 市之倉陶祖祭 2019年4月中旬頃
 TOKI-陶器祭り 2019年4月下旬頃 
 土岐美濃焼まつり 2019年5月初旬頃
 春の美濃焼伝統工芸品まつり 2019年5月初旬頃
 だち窯やまつり 2019年5月初旬頃
 かさはら陶器まつり・産業フェスタ 2019年6月中旬頃 
公募展の仕組み変更
智子賞を新設

公益社団法人への移行
協会設立50周年にあたって

第8回美濃大茶会 NEW
第23回美濃茶盌展
平成30年度卓男賞、智子賞
第7回美濃大茶会
第43回美濃陶芸展
平成29年度卓男賞、智子賞

第6回美濃大茶会

第22回美濃茶盌展
平成28年卓男賞、智子賞

第5回美濃大茶会
第42回美濃陶芸展

平成27年卓男賞、智子賞
第21回庄六賞茶盌展
第4回美濃大茶会
第41回美濃陶芸展

平成26年卓男賞・桔梗賞

第20回庄六賞茶盌展
第3回美濃大茶会
第40回美濃陶芸展
平成25年卓男賞・桔梗賞
美濃陶芸のプロローグ
パネルディス…「文化の伝承」

協会設立50周年記念式典
第19回庄六賞茶盌展
第2回美濃大茶会

第39回美濃陶芸展
第18回庄六賞茶陶展

林 恭助会長就任あいさつ
東日本大震災チャリティ陶芸展
加藤孝造名誉顧問、人間国宝に
JR多治見駅陶壁完成

2月15日は、日本三大随筆の一つ「徒然草(つれづれぐさ)」で知られる「兼好法師(けんこうほうし)」こと吉田兼好が亡くなった日です。南北朝時代の正平五年(1350年)のことでした。その兼好法師が一時期、岐阜県中津川市の山中に庵(いおり・簡素な住居)を結んだと、室町時代の説話集「吉野拾遺」は伝えています。その庵跡は、中央道の恵那山トンネル入口の高架下付近にあったとされています。現在、近くの湯舟沢温泉の地に記念碑が建っています。そして、その160年前の2月16日は、放浪の歌人「西行法師(さいぎょうほうし)」が没した日で、鎌倉時代初期の文治6年(1190年)のことでした。西行は、文治2年(1186年)、奥州平泉への旅の帰りに中津川市の隣、恵那市の風光明媚な土地柄が気に入って、やはりしばらく庵居しています。その時の旧跡が今でもいくつか伝わっており、水にちなんだものとしては「西行硯水(けんすい)」と「杉山の清水」があります。「西行硯水」は、西行が墨を磨るのに使った泉とされていて、今は記念公園になっています。また、「杉山の清水」は、「硯水」から3Kmほど東の阿木川ダム直下に湧く清水で、西行が「甘露かな」と愛飲したと伝わっています。現在もこの水を汲むことが出来、「末期(まつご)の水」として用いると冥福を得られると云われています。このように、今に名を残す二人の偉大な文人の足跡がこの東濃の隣接する二市に残るのは、やはりここを東山道(とうさんどう)と云う当時の幹線道路が通っていたためでしょうか。ふたりの時代は違いますが、いずれも俗世を離れて山深い地で隠棲したものの、著名な都人と騒がれて結局どこにも安住の地は無いものだと悟り、それぞれ畿内へと去って行ったと云うことです。(2/15)



URLを送信する

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
 
 
お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email