2017.6/15更新
〒507-0801岐阜県多治見市東町1-9-27 (多治見市美濃焼ミュージアム内) Tel.0572-25-5551 日・月曜日定休  
 



5/18
●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第3回美濃陶磁育成・智子賞」に、安藤 工氏(あんどうたくみ・多治見市)を選定いたしました。くわしくはこちら

5/6
「第43回美濃陶芸展」が盛況理に終了しました。
期間中、多くの方にご高覧頂きまして誠にありがとうございました。この記録は「美濃陶芸協会アーカイブ」に保存しました。くわしくはこちら
4/6 ●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第35回卓男賞」に、陶芸家・和田和文氏(わだかずふみ・岐阜県土岐市)を選定いたしました。 くわしくはこちら
1/9 訃報青山禮三(アオヤマレイゾウ)功労会員が、平成29年1月9日(月)に逝去されました。享年98歳。
謹んでお悔やみを申し上げます。
略歴等、くわしくはこちら
10/30 ●「第6回美濃大茶会」は、平成28年10月30日(日) に開催され、盛況裏に終了しました。多くの方にご参加頂き、誠にありがとうございました。
くわしくはこちら
2013
1/26

■「社団法人美濃陶芸協会」は公益社団法人化に伴い、「公益社団法人美濃陶芸協会」と名称を変更いたしました。省略形は「(公社)美濃陶芸協会」となります。今後ともよろしくお願い申し上げます。くわしくはこちら





桃山時代に茶の湯文化の大成と共に開花した美濃茶陶を、この機会に親しんでいただければ幸いです。初めての方も、どうかお気軽にご参加ください。
詳細 平成27年10月頃に開催予定。
開催要項が決まり次第、発表いたします。
参考 前回「第6回美濃大茶会(2016)」の記録はこちら




詳細がわかり次第リンクします 
 美濃民芸陶器の里まつり(高田焼) 平成29年4月2日(日) 終了
 たじみ陶器まつり 平成29年4月8日(土)・9日(日) 終了
 たじみ陶器まつり西通り 平成29年4月8日(土)・9日(日) 終了
 市之倉陶祖祭 平成29年4月8日(土)・9日(日) 終了
 TOKI-陶器祭り 平成29年4月15日(土)・16日(日) 終了
 土岐美濃焼まつり 平成29年5月3日(水)〜5日(金) 終了
 春の美濃焼伝統工芸品まつり 平成29年5月3日(水)〜5日(金) 終了
 だち窯やまつり 平成29年5月3日(水)〜5日(金) 終了
 かさはら産業フェスタ(旧かさはら…) 平成29年6月25日(日)


日本を代表する陶産地‘美濃’で開催されるトリエンナーレ(3年に一度開かれる国際美術展覧会)です。国際規模の陶磁器コンペティション「国際陶磁器展美濃」を中心に、陶磁器の産業と文化に寄与する様々な事業が展開される世界最大級の陶磁器の祭典です。
会期 平成29年9月15日(金)〜10月22日(日)
会場 セラミックパークMINO、多治見市、土岐市、瑞浪市
詳細 くわしくはこちら

公募展の仕組み変更 NEW
智子賞を新設

公益社団法人への移行
協会設立50周年にあたって

第43回美濃陶芸展 NEW
平成29年度卓男賞、智子賞
NEW
第6回美濃大茶会

第22回美濃茶盌展
平成28年卓男賞、智子賞

第5回美濃大茶会
第42回美濃陶芸展

平成27年卓男賞、智子賞
第21回庄六賞茶盌展
第4回美濃大茶会
第41回美濃陶芸展

平成26年卓男賞・桔梗賞

第20回庄六賞茶盌展
第3回美濃大茶会
第40回美濃陶芸展
平成25年卓男賞・桔梗賞
美濃陶芸のプロローグ
パネルディス…「文化の伝承」

協会設立50周年記念式典
第19回庄六賞茶盌展
第2回美濃大茶会

第39回美濃陶芸展
第18回庄六賞茶陶展

林 恭助会長就任あいさつ
東日本大震災チャリティ陶芸展
加藤孝造名誉顧問、人間国宝に
JR多治見駅陶壁完成

「ハーメルンの笛吹き男」と云うお話をご存じでしょうか。19世紀の民話収集家「グリム兄弟」によって採録された、ドイツの民間伝承です。この物語は、1284年6月26日にハーメルンで実際に起こった、「少年少女大量失踪事件」を元にしていると云われています。あらすじは次の通りです。ドイツ中央部の小さな街ハーメルン(Hameln)に、「ネズミ捕り」を名乗る男がやって来て、街を荒らしまわるネズミの駆除を持ち掛けます。報酬額など街との契約が成立し、男は早速奇妙な音色の笛を吹きながら街を練り歩きます。すると、不思議なことに家々からネズミがゾロゾロと出てきて男の後を付いて行きます。男はネズミを巧みにヴェーザー川へ誘い込み、一匹残らず溺死させてしまいました。ところが、ハーメルンの人々は、男が余りにも簡単にネズミを駆除したために、男への報酬を反故にしてしまいます。怒った笛吹き男は、ハーメルンの街を去って行きました。そして、数日経った6月26日の朝、密かに街に戻った男は、住民が教会にいる間に再び笛を吹き鳴らしました。すると、今度は子供たち130人ほどが、まるで夢遊病者のように男の後を付いて街から出て行ってしまいました。そして、郊外のポッペンベルク山の洞窟の中に消え、笛吹き男も子供たちも二度と街に戻りませんでした。約束を破った街の人々は、子供たちを失って深い悔恨に打ちひしがれるのでした、と云う救いの無いお話です。子供たちが行方不明になった本当の理由は、山での遭難説、伝染病死説、人買い誘拐説、出稼ぎ説、十字軍従軍説など、諸説あります。この因果応報の教訓話は現代まで語り継がれ、ハーメルン市では今でも道端で笛を吹くことが禁止されてるそうです。(6/15)



URLを送信する

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
 
 
お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email