2018.11/15更新
〒507-0801岐阜県多治見市東町1-9-27 (多治見市美濃焼ミュージアム内) Tel.0572-25-5551 日・月曜日定休  
 



2018
10/3
〈 第8回美濃大茶会 記念品について 〉
台風の接近で当日ご来場出来なかったお客様の記念品は、「美濃焼ミュージアム」内の美濃陶芸協会事務局にてお預かりしています。恐縮ですが、「お茶券」を持参の上お受け取りをお願いいたします。なお、事務局は日曜日及び月曜日が定休日です。くわしくはこちら

2018
9/30
●平成30年9月30日(日)に、「第8回美濃大茶会」を開催いたしました。台風24号が接近する中、多くのお客様にご参加頂きまして誠にありがとうございました。くわしくはこちら
2018
7/1
●公益社団法人美濃陶芸協会の会員名簿を更新致しました。上記メニューの「会員名簿」から、またはこちら
2018
5/31
●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第4回美濃陶磁育成・智子賞」に青山貴秀氏(中津川市)を選定いたしました。
くわしくはこちら
2018
5/22

●「第23回美濃茶盌展の多治見展および名古屋展」は盛況理に終了しました。多くの方々にご高覧頂きまして、誠にありがとうございました。この記録は「美濃陶芸協会アーカイブ」に保存しました。くわしくはこちら

2018
4/13
●公益社団法人美濃陶芸協会は、「第36回卓男賞」に斎木俊秀氏(土岐市)を選定いたしました。
くわしくはこちら
2013
1/26

■「社団法人美濃陶芸協会」は公益社団法人化に伴い、「公益社団法人美濃陶芸協会」と名称を変更いたしました。省略形は「(公社)美濃陶芸協会」となります。今後ともよろしくお願い申し上げます。くわしくはこちら





美濃陶芸展は、中日新聞社はじめ関係各位のご支援のもと、全国から公募した未発表の陶芸作品を一堂に展示する、隔年開催の催しです。伝統技法作品から実験的野心的作品まで、創意あふれる多彩な陶芸の力作を堪能して頂けます。
出品作品の中から、厳正な審査の結果、美濃陶芸大賞など各賞が選定されます。
※下記画像は、第43回美濃陶芸展(2017)の入賞作品及び会場風景
公募&開催要項

内容が決まり次第掲載します。

公募期間 2019年4月中旬頃
展覧会期間 2019年5月初旬頃
お問い合わせ 美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551




※ 詳細が決まり次第リンクします
 高田焼祭 2019年4月初旬頃
 たじみ陶器まつり 2019年4月中旬頃
 市之倉陶祖祭 2019年4月中旬頃
 TOKI-陶器祭り 2019年4月下旬頃 
 土岐美濃焼まつり 2019年5月初旬頃
 春の美濃焼伝統工芸品まつり 2019年5月初旬頃
 だち窯やまつり 2019年5月初旬頃
 かさはら陶器まつり・産業フェスタ 2019年6月中旬頃 
公募展の仕組み変更
智子賞を新設

公益社団法人への移行
協会設立50周年にあたって

第8回美濃大茶会 NEW
第23回美濃茶盌展
平成30年度卓男賞、智子賞
第7回美濃大茶会
第43回美濃陶芸展
平成29年度卓男賞、智子賞

第6回美濃大茶会

第22回美濃茶盌展
平成28年卓男賞、智子賞

第5回美濃大茶会
第42回美濃陶芸展

平成27年卓男賞、智子賞
第21回庄六賞茶盌展
第4回美濃大茶会
第41回美濃陶芸展

平成26年卓男賞・桔梗賞

第20回庄六賞茶盌展
第3回美濃大茶会
第40回美濃陶芸展
平成25年卓男賞・桔梗賞
美濃陶芸のプロローグ
パネルディス…「文化の伝承」

協会設立50周年記念式典
第19回庄六賞茶盌展
第2回美濃大茶会

第39回美濃陶芸展
第18回庄六賞茶陶展

林 恭助会長就任あいさつ
東日本大震災チャリティ陶芸展
加藤孝造名誉顧問、人間国宝に
JR多治見駅陶壁完成

この欄でもたびたび利用している各種「記念日」。この様々な記念日は、1年365日全て埋まっており、1日平均5つ以上が重なっています。一番人気は11月11日で、「ポッキーの日」や「下駄の日」、「いい獣医の日」など35もの記念日が登録されています。これら記念日は、国や国の機関が定めた「公的記念日」以外の「私的記念日」と云うことになります。それは企業や自治体、個人などが「一般社団法人日本記念日協会」に申請して、審査に合格すれば登録出来て使用可能となります。毎年新たな記念日は200件以上が登録され、現在では合計2,000件程の記念日があるそうです。この「日本記念日協会(長野県佐久市)」なるものは、1991年設立の任意団体です。記念日審査には主婦や会社経営者、学生など「普通の人たち」7人であたり、合格すると登録料10万円で堂々と使えることになります。何の権限もない私的団体ですが、それでも一応お墨付きをもらったと云うことが肝心なのでしょう。登録された記念日は、販売促進やキャンペーン活動、地域おこしなどに使われています。日付の根拠となるのは何かの創始の日とかなら説得力はあるのですが、多くは語呂合わせとなっています。よほどのことが無い限り登録されるので、中には首をかしげるような記念日もあります。「1/20 玉の輿の日」=米・モルガングループ総帥の甥が、祇園芸妓を見初め結婚した日。「2/14 煮干しの日」=全国煮干協会がPR用に作った「に=2、ぼ=1(棒)、し=4」の日。「2/28 バカヤローの日」=吉田茂首相が国会で「バカヤロー」発言をした日。「11/6 お見合い記念日」=1947年戦後初の集団お見合い会が開かれた日。等々。(11/15)



URLを送信する

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
 
 
お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email